篠田佳男はとある地方都市で会計事務所を営んでいます。この会計事務所は父の代から営業しており、この地域ではそれなりに名を知られていました。

佳男の家族は妻の美津子、娘の美香、母の淑子がいます。

端から見れば幸せそうにも思われる家族ですが実は10年前に1人と大切な家族を失っていました。

それは長男の佳彦です。佳男と美津子の子供は美香だけでなく、佳彦という息子がいました。

しかし、当時15歳だった佳彦は何者かによって殺害されてしまったのでした。

警察の懸命の捜査も犯人を特定するには至らず、未解決のままとなっていました。

残された家族は犯人が誰か分からないまま、恨みをぶつけることも出来ずに10年間生きてきました。

この10年という年月の中、佳男を取り巻く環境にも大きな変化がありました。

母の淑子は脳梗塞で倒れ、娘の美香は勇太と結婚して東京で暮らすようになりました。

しかし、この勇太は佳彦の友人であり、勇太と美香が親しくなるきっかけとなったのは佳彦の死に他なりませんでした。

本来ならば娘の結婚を祝福したいはずの佳男ですが、そのような佳彦の死をきっかけとする2人の結婚を心底から見つめることは出来ませんでした。

10年前までの幸せとは大きく様変わりしてしまった生活を送る佳男のもとに一本の電話が入ります。

それは警察からの電話であり、佳彦を殺した犯人が捕まったということを伝えるものでした。

10年もかかってようやく犯人が見つかったことで佳男は息子の無念が晴らせると喜びます。

すぐに美津子のもとに駆けつけてこの話を伝えます。佳男と美津子の2人が警察署を訪ねると、署長の稲森と担当刑事の藤原がいました。

この事件とは別の事件で逮捕された鈴木という男が佳彦を殺した犯人であるとのことでした。

鈴木は容疑を否認していましたが、佳彦の爪に残っていた血痕と皮膚のかけらがDNA鑑定で鈴木のものと一致していたため、鈴木はこの段階で黒の可能性が相当に高いと佳男と美津子に伝えられます。

犯人が捕まったことで徐々に10年前の事件の真相が明らかになっていくのでした。

スポンサーリンク


犯人逮捕が真相ではない

ミステリー小説においては誰が犯人かが物語の真相となることが多いです。

しかし、この小説においては犯人が逮捕されること自体が真相ではなく、犯人逮捕によって佳男が知らなかった真相が明らかになっていきます。

ある意味では犯人逮捕がスタートともいえるミステリー小説です。

表面だけを見れば大切にしていた子供を殺されて可哀想な両親の佳男と美津子若くして殺された悲運の息子である佳彦、幼い時に兄を失いながらも気丈に生きる娘の美香、その美香を献身的に支える夫の勇太という構図ですが、真相を知った時にこの印象はどう変わるでしょうか。

誰が悪い、誰が良いという単純な図式では片づけられない真相が眠っています。

最後まで読めばあの時の発言はそういう意味だったのか、と再び読み直したくなること請け合いです。

犯人や事件のトリックなどが作品の盛り上がりになりがちなミステリー小説の中にあって、異端ともいえる部分に大きな山を持ってきているのがこの小説の特徴です。

ただ、結末を知っていれば伏線にも思える部分がいくつもちりばめられており、読むたびに新しい発見があります。

読み終わった後には「こういうタイプのミステリー小説もあるんだ」と思われるかもしれません。殺人事件という題材でありながらただ悲しいだけではない、感情を抱かれる方も多いのではないでしょうか。

ミステリー小説の常識を覆す展開と、親と子の関係性、そして娘夫婦、家族の全員に注目してその真相を是非ともご覧になってください。

スポンサーリンク