深追いのあらすじ

秋葉和彦は神奈川県警三ツ鐘署交通課の自己処理係として業務を行っています。

秋葉はそもそも県警の白バイエースとして活躍していましたが、3年前にとある事件が起こったことで今の役職に就くこととなりました。

3年前、白バイのエースとして活躍していた秋葉は不審車両の追跡を行っていました。

しかし、不審車両は事故を起こしてしまい運転手が焼死するというまさかの展開を迎えてしまいます。

運転手が焼死したことで世間は警察の責任を追及し、秋葉の行為は「深追い」だったと騒ぎ立てます。

県警は秋葉に落ち度はないと発表しました。ところがこれはあくまで表向きの発表であって、実際には秋葉を郊外の三ツ署に左遷され、今の役割に落ち着くこととなりました。

スポンサーリンク


三ツ鐘署は警察署内では有名な左遷の地でもありました。

三ツ署で働き始めて3年が経過したある日、秋葉にある情報が知らされます。

それはあの事故で焼死した男が強盗事件の共犯者だったことです。

事故死した男が犯罪者であれば、秋葉の深追いの疑いも晴れて再び県警本部に復帰できる可能性が高まります。

復帰には検察官の面談を受ける必要があり、秋葉はこのことが気がかりではあったものの、絶好の復帰のチャンスを逃すわけにはいかないと準備を進めます。

そんな中、三ツ鐘署の管内で交通事故が起こります。

自転車を運転していた男性がトラックにはねられたのです。

秋葉は現場を訪れますが、はねられた男性はほぼ即死という状態でした。

警察として日々職務を行っている秋葉にとっては別段珍しくもない事故のように思えましたが、遺留物がふと目に留まります。そこには秋葉の初恋の女性である明子の写真が落ちていました。

調査を続けることで初恋の相手の過去と、事故との関連性が明らかになっていきます。そして秋葉は無事に復帰することが出来るのでしょうか。

スポンサーリンク


深追いの見どころ

まずこの特徴的なタイトルがこの作品をよく表しています。

一般的に警察が不審車両を追いかけた際には、逃がしてしまうことで警察の責任が追及されることはあっても、深追いしてしまったことで責任追及がなされることは多くありません。

その点でいうとこの秋葉は運の悪い人物と言えるかもしれません。

しかし、あくまで不審車両という段階であり、犯罪者かどうかわからない段階でここまで追い詰めてしまったことは白バイエースとしての深くとも言えます。

そんな秋葉が左遷先で起こった奇妙な事件を捜査していくのがこの小説のストーリーです。

横山秀夫さんの小説としてはあらすじの段階での謎が少なく、これから先に何か大きな山があるのかなと感じさせます。

遺留物の中から初恋の方の写真が出てきたというのも少し変わった展開です。

一般にこういったストーリーでは自分の家族や親友の写真や持ち物が遺留物から出てきて、容疑をかけられた人物の無罪を証明するという展開が多いのですが、今回は初恋の相手の写真ということで展開が全く読めません。

あらすじの段階では単なる交通事故となっていますが、実際には事件性があるのかもしれません。

様々な可能性を残したまま物語は展開されていきます。

秋葉は元白バイエースだけあって行動力や洞察力が高く、責任感も大きい人物です、しかし、県警本部に復帰したいという組織の人間らしい部分もあります。

ここで何らかの問題を起こしてしまうと県警本部への復帰は難しくなるでしょう。

そのため、事件を解決させる必要はあるものの、まさに深追い無用となっています。

事件の真相だけでなく、最終的に秋葉が県警本部に復帰できるのかという注目ポイントもあるので最後まで目が離せないストーリーが展開されていきます。

スポンサーリンク