映画「ディストラクション・ベイビーズ」は、2016年の5月21日に劇場公開された真利子哲也監督によるアクションドラマになっております。

東京藝術大学大学院の修了作品として2009年に発表した長編「イエローキッド」で一躍注目を集めた、寡作ながらもカルト的な人気を誇る1981年生まれの若手映画作家による作品になります。


あらすじ

芦原泰良は愛媛県松山市の西部にある小さな港町・三津浜で生まれ育ちました。

両親との死別を経験した後には弟の将太とふたりきりの暮らしを送っています。

喧嘩に明け暮れる毎日の泰良は2011年のある日のこと、ふらりと三津浜から姿を消してしまいました。

松山市内の市街地を当て所もなくさ迷い歩き、強そうな相手を見つけると見境なく戦いを挑んでいきます。

街中で暴れ回る泰良に、偶然にその場を通りかかった高校生の北原裕也は心惹かれていきます。

ふたりで自動車を盗み出し乗り合わせていたキャバクラ嬢・那奈を後部座席に押し込み、松山市外へ走り出します。

一方将太も兄と再会するため、 松山へと向かっていくのでした。

キャスト

主人公の芦原泰良の暴走ぶりを、柳楽優弥が熱演しています。

1990年東京都東大和市生まれの俳優になり、2002年に是枝裕和監督によってオーディションで見出だされました。

2004年には「誰も知らない」で、第57回カンヌ国際映画祭の男優賞に史上最年少で輝きます。

本作品で第90回キネマ旬報ベスト・テンの主演男優賞を獲得するなど、役者としての新たな一歩を踏み出しました。

泰良とタッグを組むことになる北原裕也には、1993年大阪府箕面市出身の菅田将暉がキャスティングされています。

粗暴な振る舞いの中にも純真無垢な一面を覗かせる役柄には、出世作となった「そこのみにて光輝く」の大城拓児を思い浮かべてしまいました。

見どころ

見ず知らずの他人にいきなり殴りかかる、ストリート・ファイトが衝撃的でした。

幾度となく打ちのめされても屈することなく立ち上がり、最後には勝利を治める泰良の姿には胸が熱くなります。

「楽しければいい」とだけ呟き多くを語ることのない泰良と、臆病で戦闘能力は低いもののやたらと饒舌な裕也とのコントラストが印象的でした。

ふたりの運命を紙一重で分けることになる、映画後半での交通事故の場面がスリリングです。

愛媛県の伝統的な喧嘩神輿と海辺が映し出されていくクライマックスが圧巻でした。

退屈な毎日の繰り返しに物足りなさを覚えている、若い世代の皆さんには是非とも鑑賞して頂きたい1本になっています。

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(見放題)
備考
登録日から31日間無料で見れます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式サイト 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら



スポンサーリンク