動画が遅かったり止まる原因は?

急に動画の再生が遅くなったり止まってしまったりとスムーズに再生出来なくなってしまうのには動画視聴している端末やインターネットの環境に原因がある事が多いです。

端末のメモリー不足

パソコンやスマートフォン等どの端末でも動画視聴する際にはメモリーを使っています。

メモリーの容量が大きいのだと動画視聴はスムーズに再生され、更に別のアプリやブラウザを起動させても端末の動作はスムーズに行われ動画視聴に支障が出る事はありません。

反対にメモリーの容量が少ない場合だと動画視聴の容量がメモリーの容量を多く取ってしまい処理に時間が掛かってしまいます。

またメモリーの容量が大きい端末でも他のアプリも多数同時に立ち上げている場合はそちらの処理も並行して動かさないといけない為動画視聴の際にも影響が出てしまいます。

その結果として動画はスムーズに再生されずに頻繁に止まったり再生されても遅くなる症状が発生してしまいます。

メモリーの容量を圧迫すればする程この症状は起こりやすくなります。

再生したい画質に対して端末のスペックが追いついていない

メモリーの容量に対して再生したい画質の容量に追いついていない場合も原因として挙げられます。

画質の容量に対して端末のメモリーの処理が追いつかずに処理落ちしてしまいスムーズに再生されないのも原因としてあります。

動画配信サービスの場合だと画質変更の設定で解消されるので大きな問題ではありませんが変更しない限りは動画再生がスムーズに行われないです。

時間帯的に人が集中している

ネット接続環境や端末のスペックは良くても時間帯によっては接続が悪くてスムーズに再生されない時もあります。

例えばお昼休みは平日17時以降等学校や仕事が一段落着いて帰宅している人達が多くなる時間帯や夜19時以降の家に帰っている時間帯等はインターネット接続する人が多くなります。

人が多くなればなる程回線にも影響が出始めて同時に動画再生にも悪影響が出るようになります。

キャッシュが貯まっている

端末にキャッシュが貯まりすぎているのも原因としてあります。

キャッシュが貯まっていると同じページを次回も開いた時に早く開ける反面多ければ多くなる程容量を圧迫し重たくなる原因にもなります。

動画再生も同様でキャッシュの貯まり過ぎが原因で動画再生がスムーズに行わなくなる事もあります。

インターネット機器の状態が悪い(パソコンの場合)

パソコンで動画視聴しているのにスムーズに再生されないのにはインターネット機器の状態が悪いのも原因にあります。

無線LAN(WiFi)の場合だと親機(送信機)もしくは子機(受信機)の方に異常が発生し電波を送信もしくは受信出来ていない状態になっている可能性が高いです。

また有線LANケーブルで接続している時も同様でケーブル内部で断線されておりケーブルの方に異常がある場合もあります。

無線LAN機器やケーブルが原因なのとは別にインターネットをする為に必要なモデム自体が故障している場合もあります。

モデムが故障すると動画再生どころかインターネット接続すら出来なくなります。

速度制限に引っかかっている(スマートフォン及びポケットWiFiによる場合)

スマートフォンやWiMAX及びポケットWiFi等SIMカードを使っての動画視聴している場合にスムーズに再生されない原因には速度制限による物も多いです。

現在契約している各キャリアで契約した通信容量を超えるインターネット通信をした場合は一時的に速度制限が設けられる事になります。

そうなると動画再生だけではなくブラウザやアプリを起動してのインターネットを楽しむのに影響が出るようになります。

ブラウザのページを開くだけでも2~3分は掛かるようになったりするので動画視聴するとなると再生されては止まっての繰り返しになります。

速度制限が解除されない限りはスムーズな動画再生は難しいでしょう。

今使っているブラウザやアプリが古すぎる

ブラウザやアプリ経由で視聴していて動画再生がスムーズにならない場合は使っているブラウザやアプリが更新されておらず動画配信サービスが推奨する環境と一致していないのも原因です。

動画配信サービスの推奨環境は常に更新し続けているのでスムーズに再生されたければ推奨環境へとそれぞれ更新しない限りはスムーズで快適な動画再生は難しいです。

動画が遅かったり止まる時の対策方法は?

原因さえ分かれば対策方法を考え出すのは非常に簡単です。

メモリーを増量する

メモリーの容量不足が原因ならばメモリーを増量する事で対策できます。

自作でパソコンを作った事や改造した事がある人はメモリーだけ買って今のパソコンのメモリーを増やす事が出来ますが安全に増やしたいなら買い換えるのがオススメです。

メモリーの容量が大きい程パソコンやスマートフォン共に高くなります。

その代わりメモリーの容量の多さは確保されているのでスムーズな動画再生が出来るようになります。

常にブラウザやアプリはアップデートしておく

動画をスムーズに再生したければ常にブラウザやアプリをアップデートしておくだけでも対策になります。

アップデートの更新日は各ブラウザやアプリで違いますがアップデートの予定日が分かった時は早めにアップデートしておき動画再生するのに快適な環境を作っておきましょう。

キャッシュはこまめに削除する

キャッシュが原因で重くなっている場合はこまめにキャッシュを削除し少しでも端末の容量を減らしておくのも動画再生をスムーズにする為の対策になります。

キャッシュ削除をするだけでも動画視聴に限らず端末の動作はスムーズになるのでこまめにキャッシュ削除した方がオススメです。

いらないアプリも削除していく

端末内にインストールしているアプリで使わないアプリがあればアンインストールしていき使わない物はどんどん削除していきましょう。

使う気が無くても端末にアプリがインストールされている限りはその分容量は圧迫されていくからです。

アプリのアンインストールをしていけば動画再生以外のパソコンの動作でもスムーズに動かす事が出来る出来るようになります。

端末やインターネット機器の熱や電気を外へ放出する

端末及びインターネット機器の電源を約10秒~1分程度電源を抜くのも対策としてオススメです。

長時間使用を続けていると機器内部には電気や熱が貯まり外への排出が追いつかずに処理しきれなくなってしまいます。

その対策として電源を切ってバッテリーやコードを抜きます。

抜いている間は機器に貯まった電気や熱を放出させているので機器自体を休ませてあげる事が出来ます。

時間としては短くても一時的に放出させるだけでも内部には電気や熱が無くなったので再びスムーズに動かす事が出来ます。

端末を再起動させる

端末を再起動させて一から見直すのも対策としてオススメです。

再起動前時にはスムーズに再生出来なかったのは違うアプリやブラウザも同時に起動していたので処理落ちしていた可能性もあるからです。

再起動させて動画再生のみのアプリやブラウザを起動させるだけでも再起動前よりも動画をスムーズに見る事が出来ます。

故障の疑いがあるならすぐに交換する

もし端末やインターネット機器の再起動をさせてもインターネット自体スムーズに繋がらなかったりすれば故障している可能性が高いのですぐに交換や修理に出してもらいましょう。

買ったお店によっては保証期間内ならサポートを受けられるので保証書を持っているならこちらを使いましょう。

持っていないなら新たに買い直しておく準備もしておいた方が良いでしょう。

端末のスペックに最適な再生画質を見つける

自分の端末のメモリー容量が少ない時は容量が少ない画質で再生する等端末のスペックに合わせて画質を合わせる事をするだけでも最適な再生状況を作れます。

最高画質でスムーズに再生されないなら1ランクずつ落としていき今の端末でスムーズに再生できる画質を探すだけでも動画視聴のしやすさは大きく違います。

スポンサーリンク