パソコンで動画を見るのにおすすめのブラウザは?

パソコンで動画を見るのにおすすめのブラウザは2つあります。

1つ目は“Googlechrome“、2つ目は“Firefox“です。

どうしてこれら2つのブラウザがパソコンで動画を見るのに適しているのかという理由を分かりやすく説明します。

1つ目の“Googlechrome“のおすすめの理由としては起動とページ表示速度が早く、複数のデバイスで同期しやすくマルチプロセスに標準対応し拡張性が高いからです。

例えば、動画を見る前や動画を見ている最中に「そういえばこの人何かの映画にも出ていたような…」「関連の作品名が気になる」などとふと思い、気になることが出てきた時に動画を停止してネット検索することができます。

これがどういうことなのかというと、動画を開いているのにネット検索をしてもGooglechromeは容量等が重くなりにくく起動が早いため動画視聴やネット検索をスムーズに行うことができるということです。

また、拡張性とマルチプロセスは動画を視聴する時に大きな能力を発揮してくれます。

拡張機能を導入することでブラウザができることがかなり増え、自分でカスタマイズをすることができたり、動画に必要な機能をまとめておくことができます。

ちなみに、“マルチプロセス“とは“複数のタブが別々に動作する“という機能のことを言っています。

例えば複数のタブを使用している時に1つのタブがクラッシュしてしまったとしても他のタブへの影響はありません。

また、1つのタブがクラッシュしてしまったとしても他のタブ全体がクラッシュすることもありません。

大きくまとめると、Googlechromeは容量等が重くならずに快適に動画視聴ができるということです。

では、2つ目の“Firefox“のおすすめの理由としてはマシンパワーが低くても快適に動作し、動画視聴ができるということです。

Googlechromeに比べたら能力が発揮されているとは言い難いブラウザではありますが、「動画視聴だけしかしない」「動画が快適に見られれば十分」などといった“動画だけの目的“の方であればFirefoxはおすすめのブラウザになります。

Firefoxはアップデートをすると使い勝手が悪くなってしまうというデメリットがあります。

アップロードをすることで使い勝手が悪くなってしまう理由としては仕様変更が多いことで“アドオン“が対応しきれずに起きてしまうのです。

ちなみに“アドオン“とは、ソフトウェアに便利な機能を追加するプログラムのことを言います。

ですがアドオンを入れなかったり、入れすぎなければ起動や表示速度は速いです。

分かりやすく簡単に言えば、動画視聴以外のことをしてしまうと容量が重くなってしまい起動や表示速度に限界があるということです。

5個以内のアドオンであれば起動や表示速度を等を気にせずに動画視聴を楽しむことができます。

Firefoxを大きくまとめると、パソコンでの動画視聴だけを求めている方向けのおすすめブラウザといった感じです。

パソコンで 動画を見るのにおすすめできないブラウザは?

パソコンで動画を見るのにおすすめできないブラウザはいくつか存在しますが、有名どころでいうと“InternetExplorer“になります。

その理由としては全体的に“重い“からです。

動画視聴もそうですが、ネット自体もかなり重いです。

そのため、Wi-Fiの接続の有無に関係なく接続や読み込みが遅く数分の短い動画であればそれほど問題はありませんが、数十分や数時間といった映画やドラマ、バラエティー番組といった長めの動画の場合読み込みが遅く初めは順調に見れていたとしても数十分後にはブラウザ自体がその容量の重さに耐えきれず動きが鈍くなってきたり、動画が止まってしまうなんてこともよくあります。

なので、長時間の動画を見る方にはおすすめできないブラウザです。

スマホで動画を見るのにおすすめのブラウザは?

スマホで動画を見るのにおすすめのブラウザはiPhoneとAndroidによって異なります。

iPhoneであれば“safari“で、Androidであれば“Googlechrome“がおすすめになります。

これらのブラウザがおすすめな理由を詳しくご紹介します。

iPhoneの場合、safariがおすすめな理由としては“連携しやすい“からです。

正直、基本的にiPhoneでどの動画を視聴したとしても同じです。

ですが、いくつもあるブラウザの中でどうしてsafariがおすすめなのかというと、標準アプリとの連携が優れているからです。

どういうことなのかというと、safariはiosと常に進化し続けています。

そのため、進化し続けていることで不便な個所や利用者の不満点などの改善に向けて快適に使えるようになっています。

快適に使用できるということは動画検索やネット検索、動画の起動や表示速度も他のブラウザに比べたらかなり使いやすいブラウザになります。

そしてAndroidの場合、Googlechromeがおすすめな理由としては“Googleが開発しているOS“だからです。

Googleが開発しているOSのため、AndroidはGoogleのサービスとの信頼関係がすごく強いです。

その信頼関係の強さから、Androidは「OK!Google」とスマートフォンに声をかけると、スマートフォンが起動してしまう程AndroidはGoogleで作られています。

なので、Androidのスマートフォンは初期からGooglechromeのブラウザが入っているほどです。

こうした信頼関係の強さもあってAndroidでのGooglechromeはかなり最強なブラウザとも言えます。

Androidのスマートフォンを使っている方が他のブラウザを使用して動画視聴をすると起動、接続、表示速度の遅さにイラッとしてしまうこと間違いなしです。

スマホで動画を見るのにおすすめできないブラウザは?

スマホで動画を見るのにおすすめできないブラウザはダントツで“ドルフィンブラウザ“になります。

どうしてドルフィンブラウザがおすすめできないのかというと、“優秀な機能過ぎるから“です。

「優秀すぎる機能ならオススメじゃないの?」と思う方がほとんどだと思いますが、その優秀さに惹かれて動画視聴だけではなくネット検索等のためにドルフィンブラウザを普段使いしてしまう方も少なくありません。

ドルフィンブラウザは一切広告が反映されません。

動画視聴をしている時にいきなり広告が反映されたり、動画の初めに広告が反映されたなんていう経験をしたことがある方がほとんどだと思います。

それに比べて動画再生時に一切広告が反映されないドルフィンブラウザはかなり魅力的です。

ですがそこには落とし穴があり、動画を検索した内容や再生した動画等を監視されているのです。

どういうことかというと、例えば誰にも知られたくない動画をこっそりとみていたとします。

「誰にも見られたくない」という気持ちから再生した動画や検索履歴を消す方がほとんどです。

消したはずの履歴を監視されているということです。

履歴を消し、表面上は見えなくても裏のブラウザには残っているということになります。

動画再生に関してはそれほど問題のないブラウザではありますが、監視されているブラウザになるためいつ個人情報が洩れてもおかしくはないブラウザです。

なので、ドルフィンブラウザでの動画視聴はおすすめできません。

スポンサーリンク