あらすじ

山岳救助隊に入った椎名久美は山で暮らす島崎三歩と出会います。

三歩は山で暮らし、過去に一番最初に運んだ遺体が親友だった。という色々な経験をしている三歩。

山を知り尽くしていた。

過酷な訓練に耐えながら一人前になるために日々がんばっていた久美でしたが、ある日、休暇中に絶壁から青年が滑落する現場に遭遇します。

隊長の野田の命令を聞かず一人で救助にいった久美だったが、青年は久美の背中で亡くなってしまいます。

初めて命を救えない事を体験した久美は、三歩や他の人が淡々と仕事をこなすことに違和感を感じ始めました。

自分へのやるせない気持ちを抱きます。

三歩に怒りをぶつけた久美でしたが、久美も斜面から足を滑らせ遭難してしまいます。無事に助け出された久美は半人前である自分の情けなさを感じていました。

邪念をけして前へと前進していくのです。

そんな中、集団遭難が起きてしまいます。

12人もの避難者がでたのです。

久美は待機するように言われていたが、久美も助けに行くことになります。

久美は助けに向かうことになり、親子を見つけ出すことに成功します。

爆弾低気圧の影響で雪崩がくる予想がありタイムリミットが命じられる。

そこには親子がいて、ヘリがとめられる場所ではなかったのです。

娘は無事にピックアップできたましたが、タイムリミットがきてしまい、救助を一旦やめることになります。

その場に久美も意を決して残ることになったのです。

雪崩に巻き込まれ、崖の間に落ちてしまいます。

その頃三歩も久美のもとへ向かうなか雪崩に巻きこれるが自力で久美のいるところまでたどり着くができました。

そこで三歩がみたものは久美が避難者を背負って崖を登ろうとして生き耐えている姿でした。

三人は無事に生きて帰れるのか。

三歩と久美はどうなったのでしょうか。

キャスト

小栗旬
長澤まさみ
佐々木蔵之介
石田卓也
石黒賢
渡部篤郎
市毛良枝

見どころ

新人の長澤まさみ演じる久美と様々な経験をした小栗旬演じる三歩のバディーがどう救助していくのかが見所です。

三歩のように山を知り尽くしているところはとても頼もしいなと思います。

三歩は過去に一番最初に運んだ遺体が親友だった。いろいろな経験をしながら救助隊として命を懸けて山を守っている姿がとてもかっこ良かったです。

三歩の絶対あきらめない真剣な顔がとてもかっこよく見所だと思いました。

新人の久美もがむしゃらで何も知らない中一生懸命頑張って現実の壁に立ち向かいながら救助隊員として体を張っている姿とても感動しました。

現実の死と生に立ち向かいながら前を向いていく姿も勇気づけられました。

佐々木蔵之介さんは指令する側で判断も命懸けでチームで乗り越えてきている演技がとても迫力でみてもらいたいと思いました。

山も壮大で見ていてとても迫力あり感動ありです。

命と向き合いながら、救助していく過酷な救助隊員の壮絶な現場を目撃できるのではないかなと思いました。

なかなか山岳の救助隊のことを知らなかったのでこの映画で救助隊がいるからこそ安心して山に上れること楽しめることを改めて知れる映画でもあると思います。

そしてルールを守って山岳することが何よりも大切なことだと思いました。

役も主人公岳が小栗旬であってましたし佐々木蔵之介の迫力ある演技がぐっと感情移入させられ笑あり涙ありでした。

最後に久美は助けようとするが生き耐えてしまう姿があり生きて帰れるのか、避難者は助かるのか、三歩は無事に助け出せるのかハラハラドキドキの最高のクライマックスになってます。

三歩の最後のいきろ。という叫びが魂がこもっていてとても感動的でした。

全部が見所でどこも見逃すことができない映画だと思います。

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(見放題)
備考
登録日から31日間無料で見れます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式サイト 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら



スポンサーリンク