動画配信サービス(VOD・ビデオオンデマンド)は、地上波では見ることが出来ない番組や、オリジナルのドラマを見ることができるサービスです。

インターネット上での配信で、テレビ放送局でも最新の1話を配信することがあるため、見逃してしまった番組を見ることも出来ます。

現在動画配信サービスの種類は多岐にわたっており、定番のサービスからレンタルを前提としたサービス、ジャンルに特化したサービスなど種類が多彩です。

そんなサービスサイトでもやはり見逃してしまったり、ずっと保存しておきたり、様々な録画して保存しておきたいという事情があります。

ここではそんな動画配信サービス・VODのサービスで録画やダウンロードができるのかを、細かく見ていきましょう。

動画配信サービスの作品は録画出来るの?

動画配信サービス(以下・VOD)の作品の録画はできません。

動画のデータ化やアナログでの録画など、技術としては可能な方法がいくらかあるのは事実です。

しかしVODの作品の録画は違法であり、それぞれのVODの利用規約にもその旨は明記されています。

また個人的に利用する場合も同様で、VODの場合は録画も違法行為とされます。

ただしVODによっては、期間限定(一定の日数のみ)での録画視聴が可能なサイトがあります(WOWWOWなど)。

録画可能なサイトの多くは有料での登録を求められる事が殆どです。

しかしVODの多くは再放送が多くの時間で行われることが多いので、こちらを利用するほうが確実に目的の動画を見ることができます。

動画配信サービスの作品はダウンロード出来るの?

VODの動画をダウンロードするのも、基本的には出来ません。

VOD利用規約にも書かれており、なおかつ違法行為となってしまいます。

ただし録画と同様、配信中の作品の一部に限り、ダウンロード可能なサービスもあります。

こちらも録画と同様に、期間・日数限定でのダウンロードとなっています。

このサービスの目的は、スマホやタブレットの視聴での負担を減らすことが目的で、通信費や通信環境が無い場所といった部分を気にせずに動画を楽しむことができます。

録画機能よりも一時的なダウンロードサービスを行なっているVODの方が遥かに多く、スマホなどの携帯端末での利用者の多さや需要が非常に多いことを物語っています。

ダウンロードサービスの中には多少癖のあるサービスもありますが、数が多いため好みのサービスを選べることも利点です。

録画の出来る動画配信サービスはある?

先ほども挙げたとおり、VOD側が決めた一定の日数のみ、視聴用に録画を行なうサービスがあります。

しかし数は多くなく、必ずしも全てのサイトが録画可能というわけではありません。

というのは、VODの持っている強みとして「視聴回数の制限がない(配信期間中何度でも見られる)」「有料のVODでは、半永久的に配信される(無期限として公開を終了することが無い作品もある)」といった二点があるため、録画という機能が必要ないとされているためです。

一部のVODでの録画サービスを使用せず、何らかの方法で録画した場合にはVODの利用規約違反・違法とされます。

この回避方法として、VOD運営側も再放送や再配信を積極的に行なっているのです。

動画配信サービス(VOD)の映像を録画・ダウンロードすることは、各サービスの利用規約内や、国の法律で禁止されています。

もちろんこれはVODが提供しているサービスとして、録画やダウンロードをする場合は除きます。

録画やダウンロード機能がついていないのは、法律や規約の問題について以外に、VODが持っている強みが理由として挙げられます。

VODの強みとは、何よりもいつでもどこでも何度でも、見たい番組(動画)を見られる点です。期間によって多少の入れ替わりはありますが、動画サイトに有料登録している人が見ることができる動画は、大きく変化することはありません。

また何度か短い間隔で再放送を行なっている場合もあります。

このことから録画やダウンロードして楽しむという方法を取らなくても、好きな時に番組を見ることは可能なのです。

しかしレンタル専用のVODや、一時的に動画を見ることができる番組といったVODでは、近年はダウンロードにも対応できるようになりつつあります。

これはスマホやタブレットといった、通信費や通信環境に制限があるユーザーに対応したサービスです。

あくまでスマホが持つ制限を気にせず、利用できるように作られたサービスなので、ダウンロード自体も期限が定められています。

そのため規約違反に繋がるような部分を、あらかじめ排除してあるサービスでもあります。

VOD側も、違法行為への対応はしていますが、ダウンロードや録画は違法行為となります。

また技術的にも出来ないようにされています。

VODの有料会員として登録するか、再放送を待つ方法の方が、動画を楽しむには確実な方法です。

スポンサーリンク