あらすじ

2021年の東京。

親も身寄りもいない10才の少年ショウは20才になる兄のソラと小さなアパートで、ふたり暮らしをしていました。

ある日、東京に地震が起き仕事中のソラのことが心配になったショウは電話をしてみますが電話に出たソラの対応は、あまりにもそっけないものでした。

実はこの時、仕事をクビになっていたのです。

そんななかテレビのニュース番組で「1年後の東京に彗星が落ちる」という発表がありました。

東京に住んでいた人たちは避難のために次々と東京を離れて行き、その影響から不動産相場は暴落し、治安も悪くなっていきました。

更に、どんどん人々が去っていくことから首都であった東京が、みるみる姿を変え職もなく、希望を失い生きる気力を無くしたソラはショウを児童疎開に出すことを考えます。

一緒に避難をしたがるショウとケンカになり、仲違いしたまま政府の手配で、ひとり岩手県に避難することになりました。

連絡が取れなくなったソラのことを心配しながら数ヶ月が経ちました。

その頃、疎開施設のショウの部屋に混乱する東京で家族を失ったという子供がやってきました。

ショウは、たったひとりの家族のソラを助けるために東京に向かうことを決め深夜の路上へと出ました。

東京に彗星が衝突するまで、あと7日…。

ショウは兄のソラと再会して一緒に逃げることができるのでしょうか!?

キャスト

監督:洞内広樹

ショウ役:大西利空
主人公で兄想いの弟。
東京に彗星が衝突する前に兄とケンカ離れをして、ひとり岩手県へ学童疎開する。

ソラ役:篠田諒
親代わりで歳の離れた弟を世話しながら、ふたり暮らしをするが、東京の変貌により生きる気力をなくしてしまった兄。
弟を疎開させ、ひとり東京に残る。

トラック運転手:榎本”CHAMP”光永
兄を助けるために、ひとり東京へ向かうショウが出会う謎のトラック運転手

学童疎開担当員:藤田信
政府の手配で東京から疎開して来る子供たちの担当員

橋本匠海
東京から岩手県に学童疎開してきた三船レオ

武田一馬・西村諒太郎
不良少年

藤夏子
銭湯を経営する女性

石田浩子・西村真二
東京に彗星が落ちるニュースを伝えるアナウンサー

谷部央年
テレビ番組の司会者

さえばとむ
政府の小野官房長官

中山さおり
ショウとソラの亡き母親

大矢晃弘
ショウとソラの失踪した父親

みどころ

この映像のテーマ「大切な人を大切にしていますか?」ということに意識をしながら観て頂けると、きっと観終わった後に監督さんの何が起きても後悔をしないで欲しいという願いや、熱い想いを感じることが出来ると思います。

ショートムービーですが、まるで長編映画のようなオープニングタイトルまでのテンポが、とても良くカッコイイのでじっくり観て下さい。

劇中に出でくる数字にも、それぞれに深い意味があります。

もう一つは①2020年のオリンピックに沸いたあとの東京②誰もが思う自然災害への不安な予感③情報は嘘なのか本当なのか④3月11日に起きた東日本大地震の記憶。

この4つのキーワードは、この映画を観るうえで外せないので注目してみて下さい。

ショウ役の西川利空くんの兄想いの演技を見ると、いつも、いてあたりまえだと思っている兄弟や家族の存在を改めて大切に感じることができると思います。

30分という短い時間のなかで丁寧な演出がされていて、映像にリアルさがあります。

音量を上げて観ることで音の迫力を感じ更に映画の内容をリアルに感じと思います。

近年、日本だけではなく海外でも自然災害が頻繁に起り、たくさんの方が亡くなっているニュースをよく目にするようになりました。

いつ起きてもおかしくない自然災害と、私たち人間がどう向きあっていくべきなのか考えさせられる映画になっています。

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(見放題)
備考
登録日から31日間無料で見れます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式サイト 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら



スポンサーリンク